自立支援センター マーク

NPO法人 自立支援センターおおいた

supoorting independence to people with disabilities center oita
お問い合わせ先 電話番でのお問い合わせ 0977-27-5508 メールでのお問い合わせ
文字サイズの変更
サイトトップへ
メインコンテンツ ピアカウンセリング
メインコンテンツ 自立生活プログラム
メインコンテンツ ユニバーサルデザインコンサルタント
メインコンテンツ 訪問介護サービス
メインコンテンツ 有料介助サービス

これまでの活動

自立支援センターおおいたでは、障がい者の自立支援を理念に、豊かであたりまえの生活を誰もが送れるよう、啓発活動や、実践的指導等の活動を行ってまいりました。その一環として、これまでに行ってきた、様々なアイデアに富んだユニークで効果的な活動の一部をご紹介いたします。

車椅子泉伝志団

 
車椅子泉伝志団イメージ
車椅子泉伝志団イメージ
 2010年、第1回「ユニバーサルベンチャー」ビジネスプランコンテストにおいて、見事グランプリに輝き、様々なメディアで取り上げられた、ユニークな事業です。
 本事業の実施内容は、電動車椅子・手動車椅子を使用する重度身体障がい者が、イベントを開催する企業や安売りのセールを行う店舗、飲食店、遊興店等々の宣伝、また、別府の主要産業である観光業界のPRを中心市街地にて行います。
 まず、宣伝を希望する依頼者を募り、後日選定し、広報の詳細を協議の上決定します。次に、今回の宣伝の方法としましては、チラシの配布、宣伝ボードやのぼり等を電動車椅子や手動車椅子に装着し実施致します。 現在、混浴温泉世界という別府現代芸術フェスティバルが開催され、様々なアーティストがパフォーマンスを繰り広げており、それぞれの表現者の発信するメッセージが別府市民の間に広がっているのを感じていますが、電動車椅子というアイテムに加えてパフォーマンスを行うことにより、よりいっそうの宣伝効果が上がるものと考えております。また、どんな重い障がいを抱えていても電動車椅子の操作さへ出来れば誰でも働くことが可能である事から、重度身体障がい者という特性を最大限活かすことができる就労形態であると言えます。

フィールドトリップ

フィールドトリップイメージ
フィールドトリップイメージ

NPO法人自立支援センターおおいたでは、障がいをもたれた方々との様々な交流イベントを随時企画しています。障がい者が、自立生活に必要な心構えや技術を学ぶ場をつくり、障がいを理由に家に引きこもっている方や悩みを抱えられている方への情報提供・相談等を行っております。また、交流を通して自信をつけていただき、自立した生活をおくる為のお手伝いをし、障がい者と健常者が共に生きる場としてあるのではなく共に生きる場をつくるために、まず障害者自身が力をつけていくのが必要と考えております。



バリアフリー探検

バリアフリー探検隊イメージ
バリアフリー探検隊イメージ

バリアフリー探検は、健常者と障害者の交流を通してお互いのバリアをブレイクしていこうというクラブ「グレートバリアフリー探検隊」が行っているもので、誰もが住みやすい街を目指して、街のバリアフリー度をチェックしていこうという企画です。
身近な場所や新しく出来た施設や、依頼に応じて様々な場所の調査を行います。