トップページ

 NPO法人自立支援センターおおいたとは

     当団体は、利用者主体の介助サービスを提供することにより、障がい者・高齢者の方々に質の高い自立した生活を送っていただけるよう支援を行い、さらに、誰もが安心して暮らせる地域社会(ノーマライゼーション)の実現を目指して活動しております。また、ピア・カウンセリングや自立生活プログラムを実施することにより、障がい者の方々の心のケアを行い、自分に対する自信、生きる希望や力(エンパワーメント)を再確認していただけるような支援活動も行なっております。

     当団体は、障害のあるすべての方々に対して、住み慣れた地域で自立した生活を営むために必要な自立生活支援や外出支援、各種福祉相談、権利擁護等を、障害を持つ人々の立場に立った視点でサービス提供すると共に、広く一般の方々を対象とした様々な講座や講演会等を行うことにより、障がい者と健常者等、誰もが共に生きる共生社会の実現を目指し、社会福祉の向上及び社会 教育の推進を図ることを目的として活動しています。

お知らせ


【非営利組織評価センター(JCNE)主管「非営利組織のためのグッドガバナンス認証」ベーシック評価をクリアーしました。】

今回、非営利組織評価センター(JCNE)主管の「非営利組織のためのグッドガバナンス認証」に向け、ベーシック評価をクリアーしました。

非営利組織評価センター(JCNE)
https://jcne.or.jp/evaluation/good_governance/

JCNEが第三者評価機関として、
(1)ベーシック評価(23基準)
(2)アドバンス評価(27基準)
最後に、JCNEが所定の資格を持つと認め登録した「グッドガバナンス評価員」2名が、27基準を満たしているかについて、書面評価及び訪問評価を行う。
(3)グッドガバナンス認証
評価結果を総合的に判断し、「グッドガバナンス認証委員会」が決定します。
今後は、アドバンス評価を目指していきたいと思います。


《非営利評価公開ページ》
https://jcne.or.jp/org/n2019e087/

《CANPAN公開ページ》
https://fields.canpan.info/organization/detail/1162848855

(概要)
 近年、NPOによる事業内容の充実ぶりと社会課題解決への真摯な思いに接する機会が増えています。その一方で、支援者が支援の効果を期待する上で重要なポイントとなる、NPO自らの「自律」と「自立」、即ち「グッドなガバナンス」を維持するための取組みは、質と量との両面において社会の中で十分に得られる状況にありません。そこでJCNEは、信頼性を形に表した組織評価を実施し、支援者との架け橋としてNPO自身の信頼性を証明する認証制度を開始しました。分かりやすい信頼性の証として認証マークの普及を図り、幅広い支援を継続的に獲得できる社会の仕組みに貢献していきます。

(1)NPOにとって
① 評価・認証を受けることにより、NPO団体の組織基盤強化(キャパシティビルディング)および事業の改善ができます。
② 認証マークにより、NPO団体の活動内容と信頼性が、市民・ステークホルダーに認知されます。
③ 認証マークをNPO団体の信頼性の証として、広報やファンドレイジング活動に利用できます。
(2)支援者・協力者(寄付者、企業、助成財団、行政等)にとって
① 認証マークのあるNPO団体の情報をサイトや広報物で知り、NPO団体への関心と理解をもつことができます。
② 支援・協力したいと思い、信頼できるNPO団体を見つけることができます。

【おおいたNPO情報バンク「おんぽ」内 当団体HP】

 https://www.onpo.jp/npolist/item_3221.html

【当団体 役員名簿】

 https://www.onpo.jp/media/3221/bda49f14985186598.pdf

【当団体ホームページをリニューアルしました。】

 この度、当団体 NPO法人自立支援センターおおいたのホームページをリニューアルさせていただきました。

今までのセンター新聞や新聞掲載情報などのページも増設させていただきました。


自立支援センターおおいた新聞ページ:http://jil-oita.sakura.ne.jp/777/shinbun.html

活動案内チラシページ:http://jil-oita.sakura.ne.jp/777/katsudou.html

メディア出演・紹介ページ:http://jil-oita.sakura.ne.jp/777/media.html