自立支援センター マーク

NPO法人 自立支援センターおおいた

supoorting independence to people with disabilities center oita
お問い合わせ先 電話番でのお問い合わせ 0977-27-5508 メールでのお問い合わせ
文字サイズの変更
サイトトップへ
メインコンテンツ ピアカウンセリング
メインコンテンツ 自立生活プログラム
メインコンテンツ ユニバーサルデザインコンサルタント
メインコンテンツ 訪問介護サービス
メインコンテンツ 有料介助サービス

ピアカウンセリング

ピア・カウンセリングイメージ画像

ピア・カウンセリングとは

ピア・カウンセリングは、同じ背景を持つ人同士が、対等な立場で、話を聞き合うことで、ピア (PEER)とは仲間とか同等といった意味をもった英語です。 1970年代初め、アメリカでスタートした自立生活運動のなかで、障がい者の力を互いに活かし 合い、「障がい者こそ障害の専門家である」という新しい概念のもと、自立生活センターがスター トしました。 自立生活センターで働く障がい者はピア・カウンセラーと呼ばれます。

ピア・カウンセリングの目的

自身を認め、自分らしくありのままに生きる事をサポートすることで、住居、仕事、所得保障、 介助など、必要な生活の情報提供をし、自立生活をしていく上で必要な生活技術を習得す る機会の提供、障害の受容、自信を回復していくための精神的サポートをしていきます。 自分の人生の目標をもち、どの地域で生きるか、どんな生活をしたいのかを自己決定により 自立して生活することを目的としています。

  

ピア・カウンセリングの用語


ピア
同じ仲間、障がい者、同じ背景を持つ人同士。
ピア・カウンセリング
同じ背景を持つ人同士が対等な立場で話を聞き合う。
ニューアンドグッズ
新しく発見したこと。楽しかったことなどを話すこと。
セッション
決めた時間を対等に分け合い交互にカウンセリングをしあうこと。
シンク アンド リッスン
テーマに沿って、時間を対等に分け合って意見を述べ合う。
クロスネス
触れること。抱きしめること(ハグ)。
アプリシェーション
相手に自信を持ってもらい、自己信頼につなげられるように相手を誉めること。
コミットメント
宣言。今やりたいこと。やってみたいことを話すこと。

  

ピア・カウンセリングの様子

ピア・カウンセリングイメージ
ピア・カウンセリングイメージ
ピア・カウンセリングイメージ

これまで行われたピア・カウンセリング

2010年01月22日(金)第三回ピア・カウンセリング出張講座の様子
2009年10月23日(金)第二回ピア・カウンセリング出張講座の様子
2009年10月17日(土)ピア・カウンセリング公開講座の様子
2009年08月28日(金)第一回ピア・カウンセリング出張講座の様子
2009年05月16日(土)ピア・カウンセリング公開講座の様子
2009年03月14日(土)開催 第3回ピア・カウンセリング講演会の様子
2008年11月15日(土)開催 ピアカウンセリング公開講の様子
2008年11月15日(土)開催 第2回ピア・カウンセリング講演会の様子
2008年07月19日(土)開催 第1回ピア・カウンセリング講演会の様子
2008年07月12日(土)開催 ピアカウンセリング公開講座の様子